head_img
クオレ総合サイトTOP > クーリングオフ・解約サイトHOME > 競馬必勝法詐欺の事例(相談・解約分)

競馬必勝法詐欺の事例(相談・解約分)

競馬必勝法の業者も、事務所が存在しないなど、「振り込め詐欺」であることも多いようです。こうした業者だと解決は困難な場合もあります。業者は、デキレース云々と、荒唐無稽な話で金銭欲を煽りますが、これに騙されてはいけません。

東京都I社のケース(競馬必勝法詐欺)/被害者:20歳代男性
東京都E社のケース(競馬必勝法詐欺)/被害者:30歳代女性

当事務所はクーリング・オフ、中途解約等について、電話相談を無料にて承ります。1人で悩まずお気軽にどうぞ。
※ まずはこちらからご相談ください。


東京都I社のケース(競馬必勝法詐欺)/被害者:20歳代男性

○月9日、I社が運営する携帯サイトにアクセスし、メルマガ会員登録しました。会員登録後は、毎日のように週末のレース情報が送信されてきました。

16日、私は送信されたメルマガ内にある有料情報の案内をみて、合計5レース分の情報の購入を申込みました。代金の5万円はI社の銀行口座に振込みました。

上記の情報に従い、17日に開催されたレースの馬券を購入しましたが、結局、約2万円の損失が出ました。全レース終了した後、夕方になりI社サポートセンターから、「信用回復のために補填レースを提供させていただきます」「次週は必ず利益が上がるレースを用意できるよう精一杯頑張ります」というメールが送信されてきました。

18日、Sと称する男性から電話があり「後日、担当の者から補填レースの説明があります」と私に告げました。
その翌日、営業課長だというFと称する男性から電話がありました。「今週末に約170倍オッズのデキレースが提供できます。1点買い1万円で170万円の払戻金なので、その10%の17万円を情報元に渡す必要があるので、初回の5万円を差し引いた12万円を負担して下さい」と情報購入を勧誘されました。Fは丁寧な口調で自信満々に情報を信じるように言い続けていました。私は、競馬において、「デキレース」は存在することの真偽については半信半疑でしたが、Fの自信満々に話す口調から話の内容は事実だと考え、情報購入を申込む事にしました。情報料の差額である12万円は、翌日I社の銀行口座に振込みました。

その数日後、本部長だというMと称する男性から私に電話がありました。Mは「Fからお伝えしたレースから、さらに利益を見込める三連単約1500倍オッズのデキレースが提供できる事になりました。1点買い1万円で、1500万円の払戻金なので、その10%の150万円を負担していただきたいのですが、情報元にお願いして新規会員なので60%負担にしてもらったので、60%分の90万円から入金済みの17万円を差し引いた73万円だけ負担してください」と情報購入を勧誘されました。
私が少し渋っていると、Mは「絶対、確実に取れるレースです。過去25年の中で落馬による不的中が1回あっただけなので信用して下さい。今回は地下通路で1~3着予定以外の馬に水を5リットル飲ませるデキレースなので間違いないです」と私に告げました。なお、馬に水を飲ませるのは、監視の死角があるので、JRA関係者がそこでやるとの説明でした。さらに、Mは「絶対に取れるレースです、過去の実績を見て信用してください」と自信満々且つ確信をもった同氏の口調に、その内容を信用し、情報購入を申込むことにしました。
先日申込んだ170倍オッズのレースの情報が提供されるのではなく、これに代え、この三連単約1500倍オッズのデキレースの情報が提供されることになりました。
そして、16日に振込んだ情報料5万円と20日に振込んだ情報料12万円の合計17万円は、このレースの情報料に充当されることになりました。情報料の差額である73万円は、23日にI社の銀行口座に振込みました。

25日のレース開催当日は、正午頃に電話で情報を聞く事になっていましたが、その直前にI社サポートセンターから電話がありました。「該当馬の馬体重増加のためにレース提供が見送りになりました。後日、担当から連絡させていただきます」と告げられ、三連単約1500倍オッズのデキレースの情報は提供されませんでした。丁寧な口調だったため、私はあえて返金を求めることはしませんでした。

28日、本部長のMから私に電話がありました。Mは「今週末は三連単約2900倍オッズのデキレース情報が提供できることになりました。1点買い1万円で2900万円の払戻金なので、その10%の290万円を負担していただきたいのですが、前回同様に弊社で40%分を負担しますので60%分の174万円から入金済の90万円を差し引いた84万円だけ負担してください」と情報購入を勧誘されました。
私は、資金がなく無理だと答えると、Mは「それはダメですよ!参加者リストに名前が入ってますし、欠員が出ると情報元からの信用がなくなって今後情報がもらえなくなってしまいますから。それに1人でも参加出来ない方がいると他の会員様に情報提供ができなくなり迷惑をかけることになる」「他の会員様も大金を負担しているので情報提供ができないと大迷惑がかかる」と、意に介さず話を続けました。

私は資金調達ができない等、断り文句は繰り返し言いましたが、Mは「これは絶対に取れるレースなので大金が手に入ります。今は一週間以内は無利息で借りられる消費者金融もありますし、的中して月曜日に全額返済すれば損することはない訳ですから問題ないですよ。私を信用して下さい。絶対大丈夫ですから」「今回もレースが見送りになれば、これまでの入金分を一旦返金する」「自分を信じてください」などと勧誘を続けました。
私は「不的中の時は?」と尋ねると、Mは「万が一でも有り得ない」と回答は避けました。私は、警戒しながらもMの「絶対に取れるレース」「大金が手に入ります」「私を信用して下さい。絶対大丈夫ですから」「今回もレースが見送りになれば、これまでの入金分を一旦返金する」等の言葉を信用することにし、情報購入を申込む事にしました。情報料の差額である84万円は、翌日29日にI社の銀行口座に振込みました。

次月1日のレース開催当日に情報提供はあったものの予想は不的中でした。私は、デキレースであるのに、的中しなかったことに対してクレームを告げ、返金要求をしました。するとI社担当者は必死に詫びながら、「自分達も会員様から信用を無くしたと情報元に苦情を出している」と言い訳しました。

4日、再びMから私に電話がありました。Mは「原因究明をしたところ、監視が厳しくて水を飲ますことができなかったが、今週末のレースは絶対に大丈夫です。三連単約3300倍のオッズのレースをもって来ました。これは今までのお詫びで弊社が全額負担します。利益は大きいほど喜んでいただけると思うので、特別にもう1レース用意させていただきました。三連単約1300倍オッズで1300万円の払戻金になります。その10%の130万円の半額65万円だけ負担して下さい。このレースは完全的中保証なので不的中のときは返金します。最悪でもどちらかは的中しますし、不的中のときは返金しますので損することは絶対ない話ですから、ぜひ参加して下さい。弊社もこれ以上信用を失う訳にはいかないし、絶対に自信のある取れるレースだから」と情報購入を勧誘されました。「三連単約3300倍のオッズのレース」は無料で、「三連単約1300倍オッズ」は65万円の要負担ということでした。
私はMの「最悪でもどちらかは的中する」「不的中のときは返金しますので損することは絶対ない」「絶対に自信のある取れるレースだから」との言葉を信用し情報購入を申込む事にしました。情報料65万円は、翌日、I社の銀行口座に振込みました。

8日のレース開催の当日、情報提供を受けるためにI社のサポートセンターへ電話をしました。すると「完全的中保証レースは、情報共有他社の不正が発覚したために情報提供ができなくなった」とのことでした。情報提供枠を超える会員に情報提供をしていたことが発覚したとの説明でした。I社の全額負担により無料であった三連単約3300倍のオッズのレースについては、情報提供はあったものの不的中でした。さすがにこの件で不信感も限度に達しました。

徳田さんのコメント

最近、パチンコ攻略法詐欺に関しては、ぽつぽつとマスコミに取り上げられるようになり、ある程度知られるようになってきた感があります。しかし、この競馬必勝法詐欺に関してはその手口等、ほとんでマスコミで取り上げられていないのが現状で、一般的にはまだあまり知られていないマイナーな詐欺だと思われます。
そのためか、被害者の方には、何度も何度も同じ業者に騙されてはお金を取られているケースが多く見られます。
また、所在地を私設私書箱やレンタルオフィスでカムフラージュして姿を隠すというのはパチンコ攻略法販売業者がよくやる手口の一つですが、競馬必勝情報販売業者の中にもこのような手口を使う者も観察され、パチンコ攻略法販売業者が商売替えして今度は競馬情報を販売しているのではないか?と疑いたくなるようなケースも増えてきました。

さて、上記は当事務所で解約処理したケースですが、やはり5回も業者にお金を支払っているというケースです。割安感を演出するためなのか差額差額と称して段階的に金銭を支払わせています。

このような必勝情報の販売業者が必ず使う口上が『出来レースの情報だ』です。だからハズれる訳がなく儲かるのだと。でも、考えてみても下さい。そんなものが世の中にあると思いますか?

実際、日本中央競馬会(JRA)出走馬に水を飲ませて順位を操作することの可否、この方法、あるいはこれ以外の方法によるデキレースが開催されることの真偽等について、直接問い合わせると、当然ながら『荒唐無稽で非現実的であるとしかいいようがない』との回答でした。JRAの関係者が関与し、地下通路で1~3着予定以外の馬に水を5リットル飲ませて順位を操作するデキレースやこれらの情報提供をする情報元の存在等、そんな話があろうはずもありません。結論としては全て作り話の嘘っぱちで「詐欺以外の何者でもない」でしょう?と。

早速、内容証明で詐欺や不実告知を根拠に契約を取消す等主張し、支払った代金の返還を業者に請求しました。この業者は事務所が実在していましたので請求に応じなければ裁判に移行させることもできましたが、一部返金で勘弁してくれと裁判外の和解を依頼者に持ち出してきました。依頼者のほうでその額で応じても良いと言うことで和解成立し、案件は決着がつきました。やれやれです・・・。

メールはこちらから今すぐ!


ページトップに戻る


東京都E社のケース(競馬必勝法詐欺)/被害者:30歳代女性

○月25日、私はある携帯サイトに登録しました。同サイトに登録すると、スポンサーサイトにも登録してくれと誘導されたのが、E社の競馬情報サイトでした。私はE社のサイトにも登録しました。

その後、E社から「お金が手に入るチャンスです」と謳われた広告メールが届きました。メールには「昨年の実績は8戦7勝2400万円回収達成。先着48名様限定、予定される配当金額、2930万円、最高金額3872万円」と競馬での良好な回収率が記述され「正規販売価格は378万円のところ、当選者様のみ600ポイントだけの新規ご購入」と書かれていました。
私は興味を持ちリンクからE社のサイトを閲覧しました。サイトには、今までの実績、今回予想される回収率、情報源の真実味に関する記述や毎週土日中央競馬で一鞍ずつ馬主会が情報を流してくれて、その情報通りに馬券を買えばほぼ間違いなく当たるとの記述があり記述内容を信用してしまいました。私は競馬情報の購入を申込むことにし、E社の口座に代金5万円を振り込みました。

5万円を振込むと、この情報を購入した者だけに提供している特別な情報があるとのメールが届きました。その情報は「ロイヤルVIP会員プレミアムクラス情報」といい、詳細はメールでは書けないとするものの、とにかく特別な情報でこれを手に入れられるあなたは幸運だ、ぜひ手に入れてくれとのことでした。

26日、E社のTという男性から私の携帯電話に連絡がありました。Tは「おめでとうございます。これであなたもお金持ちと呼ばれる人たちの仲間入りです」と私に告げました。「いま一番のお勧めのレースがある。誰でも参加できるわけでなく、選ばれた人にしか誘いをかけていない情報です。それがこのロイヤルVIP会員プレミアムクラス情報なんです」と続けました。さらにTは「これは、デキレースなんだよ。もう、レースは出来上がっていて、先生からの情報でもう間違いなく取れるレースなんだよ。デキレースって知ってる?あれなんだよ。あれって本当にあるの。もうレースは出来上がってて、あとは参加するだけ」と、デキレースが存在することを断言しました。
そして「回収金額は2,400万円から2,600万円くらいかな。絶対参加しないともったいないよ。」「このレースはすごいよ。俺が今まで何百回と見てきたレースの中でも3本の指に入るね。」「もう、1着から7着まで決まってるんだよ。今まで、4着まで決まってたことはあったけど、ここまで決まってたことはないよ」と、出来レースによってお金が確実に得られるとTは説明しました。私は「絶対に外れることはないの?」と尋ねると、Tは「今回に限っては絶対にないね。もう完璧だから、あとは待ってるだけでいいよ」と答えました。どのような方法で予め順位を決めるのかの説明はありませんでしたが、Tは「先生が組み上げる」とだけ説明していました。しかし「先生」なる人物がどういう素性の者なのかの説明もありませんでした。

Tの説明では、私が情報によりレースで賞金を得た場合、E社へ360万円を振込むことになるとのことでした。よって必ず勝ってもらわないとE社の社員らも困るし、E社に金銭が入らないようなレースは、お客に絶対に紹介しないと説明しました。
そして、Tは「まず初めに30万円入金してほしい。これは普通の会員は参加できないレースで、役員と言われるものにならなければいけない。30万円は書面上だけ、一般会員から、130名しかなれない役員に格上げするために使用する」と説明し、私に30万円の支払を要請しました。私は、その日のうちにE社の指定口座に30万円を振込みました。

その後「17:30からロイヤルVIP会員プレミアムクラス情報の参加受付を行います」「貴重な情報のためメールでのお伝えはできませんので、お電話ください」との内容が記述されたメールが届きました。私は5時半頃E社に電話をしレース当日11時から14時の間に、私から電話をして各自に発行されたパスワードとIDを本人確認のために告げたうえでプレミアレースの買い目を聞くのに電話した旨を告げることという手順説明を受けました。

27日、Tより電話があり、他の競馬予想業者がレースの妨害をしてきたとのことでした。妨害とは、馬に水を飲ませたり、薬を飲ませたり、他の予想会社が先生に対して脅迫状を送り付けたり、先生のパソコンにハッキングし、データを盗むといったものとのことで、そのレースを荒れさせ、先生の人気を落とすことや、役員のレース参加を阻むことが狙いなのだとのTの説明でした。これに対して、例えば、馬の保管する場所に警備をつけるなど、いろいろな対策を講じており、これに費用がかかり、その費用は役員会が支払うことになっており、その費用としてあと30万円を出して欲しいと追加の支払いを要請されました。これを払わなければレースに参加できないとも告げられ、私は仕方なく資金を工面し30万円を振込みました。

28日、Tより電話があり、「レースに参加するためには60万円必要だ」「今まで払った分はレースに参加する権利を獲得するためのものだ」と告げられ、さらに60万円の支払いを要請されました。私は困惑しましたが、「レースは1着から7着まで決まっている完全なデキレース」「これが終わったら2,800万だよ。どうする?何に使う?」「借りたりしたお金なんてすぐ返せるから安心して待ってればいいんだよ」と食い下がられ、支払いを承諾しました。私はその日のうちに60万円を振込みました。

29日、Tからさらに電話があり、「先生が馬を変えた。その分経費がかかるから、それを役員は負担しなければいけない」「また調整をし直さなければいけない。役員負担は決まっていること」と告げられ、「あと60万円何とかできないか」と更なる支払いを促されました。私は、もうお金もなく、「無理だ」と答えました。すると、Tは「自分が立て替える」「絶対回収できるレースだから大丈夫だ」と告げ、自分で金銭を出してもいい位、確実に回収できるレースなのだとアピールし、支払いを要請されましたが、私は断りました。

すると、同日夕方になり「やばい!先生にばれた。こんなこと絶対にあり得ないのに」とTから電話がかかってきました。お客のための金銭立替は禁止されているが、これがバレたのだとのことでした。「何とか半分の30でいいから動いてくれないかな」と更なる支払いを催促されました。私は困惑しつつも同氏の説明を信用し、経費を負担することにしました。
私は本当に最後のお金で28万円しか用意できなかったことをTに連絡し、直後に振り込みました。
30分ほどすると、Tから電話があり、「全部完了した」と、レース参加の手続きが完了した旨を告げられました。そして「あとは何も心配しないでレース結果を待てばいいだけだ」と告げられました。

30日、E社から情報の提供を受けるとパソコンから25,000円分の馬券を買いました。しかし、提供された予想情報は外れ、25,000円の損失が生じました。更に翌日にも情報提供を受けパソコンから馬券を買いましたが、提供された予想情報は全部外れ、馬券購入だけで合計6万円の損失が生じました。

レースが終わると、Tより電話があり、「こんなことあるわけがないんだ。自分たちも先生と今なぜこうなったのか会議している最中なんだ。今途中で抜け出してる最中だから長電話できないけど、またあとで電話するから」と、釈明しました。それから2度ほど電話がありましたが、内容はほとんど変わらず、いずれも「先生と会議中だ。なぜだかわからない」と、弁解するものでした。

徳田さんのコメント

やはり、上記のケースでも、『出来レース』がキーワードとして出てきます。これはもう、競馬必勝法詐欺に見られる典型的なパターンですね。それとお金を何回も支払わせようとするという点も・・・。

加えて、このケースでは信憑性を演出するためなのか『先生』なる謎の人物や『妨害者』まで登場させ、どういう組織なのか、役員へ就任する必要があるとかなんとか・・・等の口上も織り交ぜています。いずれも架空話でしょう。ここまでおかしな話が続くと、さすがに私も失笑を禁じ得ませんでした。

さて、この件でも、内容証明で詐欺や不実告知を根拠に契約を取消す等主張し、支払った代金の返還を業者に請求しました。この業者も事務所は実在していましたので請求に応じなければ裁判に移行させることもできましたが、I社と同様に、一部返金で勘弁してくれと裁判外の和解を依頼者に持ち出してきました。依頼者のほうでその額で応じても良いと言うことで和解成立し、案件は決着がつきました。

そりゃあ、競馬の予想だって的中することは有るでしょう。しかし、世の中にうまい話はありません。『出来レース』のキーワードが出てきたら、間違いなく「詐欺」です。そう思って間違いないと思います。そんな確実に儲けられる出来レースの情報が手元にあるのなら、販売のための広告費等、営業経費だって手間だってバカにならないわけですし、私なら売るなんてそんなめんど臭いことなどせずに、さっさと自分で思う存分使いまくって儲けますよね?(笑)

メールはこちらから今すぐ!


ページトップに戻る


お問い合わせは今すぐに!
電話番号 03-6231-3926
メールフォーム こちらからどうぞ!
直通メール cuoreoffice@nifty.com


免責条項

当サイトに掲載する情報については細心の注意を払って掲載しておりますが、その内容の正確性、安全性等については保証いたしかねます。掲載情報により利用者が下した判断並びに行動により生じた結果については、当事務所はその責任を負うものではありませんのであらかじめご了承ください。


ページトップに戻る

*消費者庁イラスト集より