head_img

相殺について

当事務所は売掛金、貸付金等の債権回収について、電話相談を無料にて承ります。個人の金銭問題についてもお気軽にどうぞ。
※ まずはこちらからご相談ください。

○ 相殺の概要
○ 相殺契約とは?


相殺の概要

相殺とは、債権者と債務者が互いに同種の債権・債務を有する場合に、その債権と債務とを同額(対当額)で消滅させる意思表示(単独行為)のことです。対立する債権があれば、相殺は最も簡単な決済手段ということになります。

債務者に対して、債権者も別な債務を負っていれば、相殺により売掛金を回収したのと同じ効果を得ることができます。 例えば、債権者が債務者に対して100万円の売掛金債権があり、債務者も債権者に対して80万円の貸金債権がある場合に、債権者が80万円について相殺する旨の意思表示を債務者にすれば、残債権は20万円のみとなり、実質的に80万円の回収をしたのと同じこととなります。

相殺する場合、双方の債権が弁済期にあることが必要ですが(相殺適状)、最低限、自分の相手方に対する債権が弁済期にあり、すでに相手から支払ってもらえる状態ならば、自分から相殺の意思表示はできるとされます。

なお、債権の種類によっては、相殺することが禁止される債権というのもありますが、一般の企業間取引では特に問題となることはないでしょう。

相殺の意思表示を通知する場合も、きちんと証拠が残る内証証明を利用したほうが良いことは言うまでもありません。この場合、対立する債権を特定する必要があります。


ページトップに戻る


相殺契約とは?

民法で規定されている相殺と同様の効果を当事者間の契約によってなしうることができます。これを「相殺契約」といいます。民法の相殺とは異なり、双方の債権は同種である必要もなく、相殺適状にない場合や相殺が禁止されている債権でもすることができます。


ページトップに戻る


お問い合わせは今すぐに!
電話番号 03-6231-3926
メールフォーム こちらからどうぞ!
直通メール cuoreoffice@nifty.com


免責条項

当サイトに掲載する情報については細心の注意を払って掲載しておりますが、その内容の正確性、安全性等については保証いたしかねます。掲載情報により利用者が下した判断並びに行動により生じた結果については、当事務所はその責任を負うものではありませんのであらかじめご了承ください。


ページトップに戻る